第一回文フリ金沢レポート

0 0

ブログ更新、お久しぶりです。のんびーりしながらイベント参加したり外でたりしてました。あと最近は自分から洋服買うようになったかな。

4/19に文フリ金沢に参加してきました!画像はディスプレイぱしゃっとしたものです。はじめ値段つけてなかったので金額わかんなくて申し訳なかったです。事前に準備大事……!
追記は簡単なレポートになります。
文フリにあわせてはじめて小説本作ってみたり、作品に短いお話つけたり、すごく久々にひとりで参加してみたり。はじめてづくしでお隣さんやお客さんとも一期一会の出会いでした。イベントの醍醐味ってこういうところだと思います。
文フリ自体ははじめての開催ということもあって、終始静かに進んでいた気がします。でも混み合いがない分すごくじっくりゆっくり作品を見ていただいて、伝えたいことをじっくりとお話できる場所だったのではないでしょうか。
個人的心残りはもう少し会場を見ておけばよかったなあってことでした。売り子さんの大切さを身をしみて知る、それが文フリ金沢(ちがうとおもう)。

ひとりひとりの思う文学が集結した場所で、恐らく異質な存在(小説と漫画本とイラスト本とアクセサリー出展……)でも受け入れてもらえるんだなあとほっとしました。私の文学は「作品の表現方法」そして「自分のえがく世界」でしたが、少しでも感じていただけたならうれしいです。

今度は東京、もしくは来年の二回目の文フリ金沢にでたいですね!拙作をお買い上げ頂いた方に、見ていただいた方に、これも出会いとお隣さん方々に、なにより開催していただいた主催さん方々に。感謝の気持ちを込めて。
第一回文フリ金沢、お疲れ様でした!
ページトップ